GoogleやYahooの検索について
2010 / 11 / 17 ( Wed )
今年の7月くらいだったと思うがYahooJapanが検索にGoogleを採用すると発表した。
その後、部分的にYahooJapanの検索をGoogleに切り替えて実験しているらしいとの話が流れていたが、どうなったのであろう。
噂では年内に完全移行するという話があったが、、、

http://www.jtohara.com のアクセスログを調べるとこの数日Yahooからのアクセスが異様に増えてきている。
今までのアフィリエイトの経験からいうと購買目的のユーザーは複数回サイトを閲覧するのが普通です。 しかし現時点でのYahooからのアクセスは1回こっきりのアクセスがほとんど。
まだ実験段階だが範囲を拡大しているというのが実情だろう。

当初、検索がGoogleに移行すると喜んでいたSEOサイトも、ここへきて益々SEOがむずかしくなったと実感しているのが事実だろう

私もYahooでフィルターにかけられているサイトをもっていたが、どうやらGoogleはそのリストを完全ではないが受け入れているのはまちがいないだろう。

絶えず重要キーワードでGoogleトップページに表示されていたサイトの数多くが30位から50位以上、下落しているからだ。 

今回のGoogleとの同期拡大がどういったデータを取得する目的か?
SEOに苦戦しているサイトオーナーはYahooJapanからの検索の質を見極める必要があるようだ。

しかし相手はブラックボックスだから被害が少ないことを祈るのみ?

その後、調査を進めた、どうやら「SAFARI」の一部をGoogle検索に移行したようだ。

もしかしたらユーザーエージェント毎に設定を変えている?
ひょっとして媒体コンテンツ毎にも?

もしそーだったらMixiをはじめTwitterとか、いーっぱい 媒体コンテンツも増えているから、ひとごとながら大変だろーな、これ全部それぞれに合わせて設定?

確かに簡単にすべて移行したら会社のイメージは0 Googleのみがクローズアップされるだけだから存続の是非もとわれるわな

いまさらながらYahooはすごい決断をしたものだ。
個人的観測ですが年内の完全移行は「無理」というより「やったらおしまいかも?」

ということで提携は成立しても簡単にはうまくいかない。

でも政治問題よりは次元を超えてクリア







独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<JTohara.com 在庫復活4 2010/11/17 | ホーム | JTohara.com ラウンドファスナー 財布 2010/11/18>>
| ホーム |