現状を理解する
2010 / 12 / 11 ( Sat )
サイトがWEB上に現れる過程を考えてみた

WEBサイトは本来PC上で作成して完成したものをアップすることが推奨されているが、無料サイトスペースなどの利用をしているとアップした後修正したり、変更したりしているケースが多いように思う

推奨されているケース
1.自PC上で本文を作成
2.URLを取得
3.WEB上にアップ

しかし、この方法できちんとアップできているケースは皆無に等しいに違いない
個人サイトの場合、WEB上にアップした後エラーに気がつき修正するケースが多いからだ、W3cに準拠するための修正ならいいが、本文そのものに対する修正を加えるケースが多いのではないだろうか。


結果として以下のようなパターンが考えられる

1.本文作成・アップ・結果

2.本文修正・アップ・結果

3.本文変更・アップ・結果

場合によっては次の場合もある

4.タイトル変更・アップ・結果


1・2は検索結果には大きく反映されないが

3・4の場合は検索結果に大きく反映される

特に4のタイトル変更は非常に注意が必要だ
SEO目的とするタイトル変更は見逃されない傾向が強くなっているようだ
場合によってはURL入力でも検索されなくなるケースもある

意図した検索結果に表示するためにタイトルをいじるのはやめた方がいい

冷静になって、タイトルを最初に決定した時の意識と変更しようとしている現在の自分自身の意識を比べてみると必ずなんらかの違いを見つけることが出来る。 当初の自分自身でなずけた感性を無視する自分がいないだろうか?

修正は本文とW3Cに準拠するための修正に留めるのがベターです。

アルゴリズムはこうした人間の思考過程を推測したものへ進化させているのかもしれない、あくまで推測ですが

SEOもここまでくると分析学みたいになってきますね。


SEO | トラックバック(5) | コメント(29) | page top↑
切り替えの早さ
2010 / 11 / 27 ( Sat )
暗い日記がが連続していましたが

発想の切り替え これが重要なようです
SEOの場合 情報がユニークでかつ信憑性のあるサイト
がトップ表示される ○適ポイント
おそらく まちがいないと思います

Googleが求めているのは正しい情報かつユニークさなのです

あくまでもおそらくですが

はずれても遠からずだと思います

もっともっとユニークなサイト作らないと

やっぱ消されるのは仕方ありません

でもあくまで憶測、かなり近いと思うけれど、、、当事者ではないので

でもユニークなサイトが増えたら楽しいわなー

はて 対策は?????






SEO | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
5年前
2010 / 11 / 22 ( Mon )
僅か5年のできごとですが
随分替わりましたね

あのころYahooは新設サイトをよくクロールしてくれた
ありがたいと思った
MSNはサイト作成の技術を検索するには最適の検索エンジンだった
msnでの記憶でサイトのサムネイルをTOPページに表示されたときほんとに嬉しかった。
反面Googeは検索に表示されにくい難しい検索だと思った

その後Googleに表示してもらうためサイトマップだの最適化だのいっぱい勉強しました
その後YSTがあらわれ、わがサイトはあたかも浪人状態に今度はGoogleでTOPページ表示
ところが付いたり消えたり、古い蛍光灯状態が続いて現在に至っています。

振り回されるより振り回す方が有利正にその論理があてはまる展開だったかもしれませんねGoogleもYSTも、、、

このあとどうなるのかな

ふと思うことは
検索エンジンはサイト内容の解析をしているのか少し不安です。
サイト解析を深めてロボット型検索エンジンが進化しているのなら問題はないのですが、、、、

今クラウドという次世代インターネットがいわれているけど現状の検索システムの精度が高まれば必要は???

でもその方向に進むだろうな
振り回す材料ができるのですから

はたして進歩しているのかな?

まっ ずぶの素人だった僕がこんなこといえるようになったのだから進歩しているんだろうな

SEO | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
Twitter
2010 / 11 / 21 ( Sun )
Googleの検索で最新データを見ると人気の話題などではTwitterの記事が表示されますね。凄いいきおいで更新されて行くのでTwitterの過熱ぶりがわかります。

これを24時間以内、1週間以内、1ヶ月以内、1年以内と見てゆくと内容がかわってゆくのを発見しました。 

こうした内容を調べていると1年以上同じタイトルのサイトが通常検索で上に表示されているのがわかります。

現在オールドドメインを利用したSEOが過熱していますが、どうやら「まった!」をかけられているようです。

サイト運営者はますます記事の充実に励まなくてはならなくなったようです。

しかしこの数ヶ月でGoogleは次々と手をうってきますね。


SEO | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
YとG 
2010 / 11 / 18 ( Thu )
twitter などの情報からは、どのプラウザでもY検索がGに完全移行している人いるそうだ
当初プラウザごとの移行かと思ってきたが、どうもそうではないらしい。
うちは サファリ、クロム、オペラ での完全同期を確認しているが他はまだである。

SEO | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
/コメント投稿-->
| ホーム | 次ページ